知的資産経営

知的資産経営とは、知的財産に限らず、人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランド等、企業の競争力の源泉となるものである知的資産を活用し、継続的に収益につなげる経営を言います。
あらゆる事業体、個人事業にも適応する考え方ですが、群馬県の産業の中心をなす小規模製造業等は、とくにこの活用が有効と考えられます。
ナカヤマ行政書士事務所は、全国でも少ない知的資産経営支援の行える事務所であるといえるでしょう。これまでも、わたらせ渓谷鐡道株式会社様の報告書作成支援をはじめ、多くの支援を行ってまいりました。